大使館周辺は外国人が多い

大使館周辺は外国人が多いです

都内在住独身で現在中央区の飲食店で働いています。
過去に営業で外回りしていましたが、今は調理場での仕事です。

これまでいろんな仕事をやっていますが、その勤務先で海外からワーキングホリデーで来ている外国人と一緒に働くことがよくありました。

そんな縁でもあるのでしょうが、普段から出向くところには海外からの留学生や会社員、また旅行者などが多いような印象があります。

もちろん若い頃に比べても来日している人が随分と増えていますから当たり前なのでしょうが、そんな中特に多く見かける場所を思い浮かべてみました。

住んでいる人が多いのはやはり大使館の近くなどは多いですね。

麻布界隈はもちろん、かつて麻布十番によく行く機会がありましたが家族でカフェでくつろぐ光景をよく見かけました。

普段はそんなに賑やかな街ではないですからのんびりした雰囲気ですね。

同じような感じだと代官山もそうですね。

代官山から中目黒の界隈は外国人が経営している飲食店も多いですし、よく友人の事務所があるので遊びに行きますが挨拶する外国人が何人かいます。

彼らはフランスから来ている人が多いのですが、製菓関連の仕事で来ている人が何割かいます。

要はパティシエか食材関連ですね。

確かフランス人シェフの店が何軒かありますので、長年日本在住でお菓子を作っている人と若手のワーキングホリデー組ですね。

製菓関連で知り合いが多いのでついでですが、以前神楽坂でもよくフランス人は見かけました。

大使館が確かその辺りですね。

フランス人仕様の飲食店も多いですし、実際それが理由でその界隈にレストランやパティスリーを出す人も多いようですね。

多分フランスでの修行が縁で神楽坂で商売したいと思う日本人も増えていて、自ずとその界隈に増えているといった感じなのでしょう。

今働いている中央区、銀座も近いせいか観光客は大変多いです。

私は厨房にいるので実際ホールの様子は見えないのですが、ホール担当から外国人客のオーダーが意味がわからないので訳してくれと言われることが増えました。

実際アジア諸国やヨーロッパ、アメリカと世界中から観光客が来ています。

週末は特にかなりの確率で中国からのお客様が多いですが、結構イギリス人なんかもいるようです。

若い頃にイギリスに2年ほどいたのでなんとなく懐かしく思ったりします。

でも銀座界隈は働いている人よりは観光客が圧倒的、前述のエリアとは雰囲気がかなり変わりますね。

著者:早起きくん 51歳 男