京都

京都御所と京都御苑はゆっくり日本を堪能できる

京都御所と京都御苑は外国人が気軽にゆったりと日本を感じられます

京都在住のフリーランスデザイナー。

京都住まいを活かしていろんなところに出かけています。

京都は古都であり、日本屈指の観光地でもあるので昔から外国人が多かったところですが、ここ数年日本国全体が外国人の観光ブームによって押し寄せている感じがあります。

当然、京都もこれまで以上に多くの外国人が訪れているのですが、私がよく目にするのは京都御所と御苑です。

御所と御苑の関係性は御苑は御所を含む周辺の宮内庁が管理する敷地で、神社や休憩所などがあり、緑が多く森林に囲われているところです。

御所は昔、天皇が住んでいた建物があり塀で囲われた御苑の中心にあります。

御苑は石垣や塀、植栽などで囲まれていますがいつでも自由に公園のように行き来ができて、私はいつも通勤に自転車で通っています。

御苑は他の京都の観光地と比べても圧倒的に敷地が広いので混雑することはなく、静かな京都をいつでも感じることができることも外国人観光客にも人気があるのだと思います。

確かに日本人観光客も多いのですが、お土産やレストランなどの商業施設がほとんどなく、休憩所に食堂があって、そこに関連グッズなどが少し売られている程度なので、純粋に日本のたたずまいを感じたい外国人のほうが好んでこの場所を観光に選んでいるように思います。

御所の白塗りの壁や瓦、木造建築など外国人にとって特に興味深いのではないかと思います。

以前は御所の無料公開日は年に2回でそれぞれ1週程度だったのですが、今では年中御所の中を見学できるようになりました。

それだけに訪れる人が増えてもいます。

中国や韓国の外国人観光客は大型バスで乗り付けて団体で御所を見学しているパターンが多く、大型バスが駐車できる駐車場が完備できています。

欧米人は個人や家族の旅行が多いようで、御所の中の見学の後、周辺の御苑の散策を楽しんでいる様子をよく見かけます。

おそらく、御苑で咲いている季節の花や日本独特の植物などを楽しんでいるのだろうと思います。

特に御所から西側には桃林、梅林、桜などがあって小さな小川が流れた自然豊かな場所になっています。

桃、梅、桜などは特に日本を感じる花なので外国人受けもいいのでしょう。

ところどころに神社があったり昔の貴族の屋敷があったりしますし、無料でありながらこれほど多くのものを見ることができるというのはガイドブックやネットで調べて外国人も足を運びやすいのだと思います。

また外国人観光客が多い理由は自然に囲まれたところでありながら、都の中心地であったために京都市の中心地にあり地下鉄が便利だということも言えます。

丸太町駅もしくは今出川駅で降りればすぐです。

このふた駅分の距離が御苑なのでかなり広いということが分かると思います。

アクセスがよく外国人観光客にもわかりやすく日本を感じて、癒しの空間であるので外国人観光客に人気があり多く訪れるのはごく自然なことと思います。

著者:エース 40代 男性

関連記事

  1. スーパー銭湯で外国人を良く見るように スーパー銭湯で外国人を良く見るように

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP